陰陽師養成講座

講習会(対面のみ)

~リーブス「陰陽師について」より転載~

陰陽師(おんみょうじ)は、古代日本の官職の一つで陰陽五行の思想に基づいて陰陽道の占いや地相(風水)を行う仕事として始まっています。6世紀の飛鳥時代に聖徳太子が高句麗からの僧に学ぶところから日本に伝えられた大陸伝来の学問から進化したもので、伝来当時には、占い、地相(風水)のほか、天体観測、暦の作成、時刻の管理などを理論的な分析によって予言する有識者(主に学僧)をさしていました。

9世紀には、道教と古神道の影響を受け、占術・呪術・祭祀を行い、次第に政権に影響を与えるほどの力を持つようになりました。これらの学問は「天文道」、「陰陽道」、「暦道」として、後に賀茂忠行(かものただゆき)・保憲(やすのり)および安倍晴明(あべのせいめい)などによって世襲され、その並はずれた呪術的能力による実績によりカリスマ的な力を持っていきます。

16世紀には安倍家は土御門家となり、福井県の天社土御門神道本庁に移動して活躍を続けた後、江戸圏開発として現在の東京の建設・区画などの地相を手掛けるなど、「土御門神道」としてその陰陽道が広く知られるようになりました。その他民間でも蘆屋道満(あしやどうまん)などのカリスマ陰陽師がいた他、福井の土御門家とともに現在も残っている高知のいざなぎ流など地方での多くの陰陽師が世襲を中心に活動していました。

技としては、主に以下のようなものがありました。

  • 九字などの呪文
  • 文様や呪文を書いた護符
  • 式神(龍・眷属など)の召喚
  • 体を動かして行う技である禹歩(うほ)など

中世ヨーロッパの錬金術師同様、日本でも最初は律令制度の中にあった陰陽師が民間に広がりだすと、陰陽師を自称し高額な祈祷料を取るエセ陰陽師・僧侶が多く現れ、「陰陽師」という言葉に怪しいイメージが付きまとうようになってしまった背景があります。

リーブスでは、陰陽師の技の中でも錬金術にも通じる「天文道」、「陰陽道」を主に使って、行っているだけでもワクワクしてくるような天・空・地に繋がる技を伝授・指導しています。

~転載ここまで~

~リーブス「陰陽師養成プログラム」より転載~

リーブスでは、陰陽師の技の中でも錬金術にも通じる「天文道」、「陰陽道」を主に取り上げ、行っているだけでもワクワクしてくるような天・空・地に繋がる技を伝授・指導しています。霊的契約により精霊や大地と一つとなって活動するシャーマンと違って、陰陽師は霊的契約なしで宇宙・天体およびこの世の陰陽に関する知識と経験、そしてそれらにもとづく技術によって活動するものです。

以下にあげる 多次元的地相(風水)、マントラ(呪文)や、結界、龍の召喚、禹歩(うほ)を使った形技などを、長期に渡ってマスターできるまでを指導する養成プログラムで丁寧に教えていきます。

~転載ここまで~

伝統の陰陽師ワーク講座

大地と天と空と共に行う陰陽師伝統のワークです。

出来るようになること:

①  運命、運、縁、カルマ(大地に託す)など地球との契約をいじることで変えられるものが対象。

②  縁切り、封印解除(大地・天に託す)

③  ②で扱えなかったものと、霊障(大地・天・空/風に託す)

④  相手のニーズで技を変える;金運、出世など含む。

技術・知識:

・  足で捉える:うほ

・  手で捉える

・  波動やエネルギーを感じる

・  クライアントさんのニーズを理解し、根本から見て創造的に実施する内容を決定できる

・  様々な問題に関してある程度の認識や理解が出来る(霊障、封印、運命、カルマ、縁の理解)

陰陽師を学ぶにあたって:体を使うため、手足や体が動きなれている方の方が学びやすいと思われます。
体のかたい方は、ストレッチなど日ごろから行っていてください。

受講条件:サイキックプロテクション高次元版、もしくは新サイキックプロテクション。少なくともサイキックプロテクションリーブルの受講は必須。

準備ワーク: 8日間
準備ワーク料金:13万円(別途消費税が追加されます。)
指導の度の調整と伝授料金:4回 各3万円(別途消費税が追加されます。)
※毎月1回程度(個人差がございますので、回数はご相談ください。)

伝統の陰陽師ワーク師範講座:
受講条件:
・伝統の陰陽師ワーク講座
・サイキックサージャリー・気功鍼(プレミアム・新バージョンのいづれか)+レムリアンインターベンション
・サイキックサージャリー・気功鍼(プレミアム・新バージョンのいづれか)+レムリアンサージャリー
・サイキックサージャリー・気功鍼(プレミアム・新バージョンのいづれか)+レムリアンオーロラか新レムリアンオーロラ
—-

天文道の陰陽師ワーク講座 

天文の神秘の伝授を得て行う、陰陽師ワークです。
大地のワークで行うものをより、細かいところまで、また数次元にわたって扱います。

古代文明などの複雑な封印解。より広域な場所の浄化など。
伝統の陰陽師の内容より、扱える容量が増え、扱うものに対する理解が深まります。

受講資格:伝統の陰陽師を受講済みの方。

天文道の陰陽師講座内容:(個人差がありますので、内容が変更になることもあります。)

・  天文道伝授(指導の前に必ず伝授を受けていただくことにより、天文道のワークが可能になります。)

・  地相(場所の結界)⇒上級になる場合もあります。

・  大地のワークの師範の前提(師範を前提に学ばれる方。)

・  護符(護符をワーク中に使ったり、護符を書くことができるようになります。)

・  呪文を飛ばす(呪文を使ったワークを学びます。)

・  結界(人を対象として、結界を張れるようになります。)

スケジュール:
1回目-天文道の陰陽師
2回目-結界等
3回目-呪文・護符等

技術:
・全身で捉える(伝統の陰陽師の時よりもさらに深く捉え、ワークできるようになります。)

天文道伝授の準備ワーク:5日間 8万円
指導のための準備ワーク:個人差がございますので、別途お問い合わせください。
指導:3回~(各50分)各5万円(別途消費税が追加されます。)
※)上記以外に他のセッションをご提案する場合がございます。
※)必要に応じて、講習会回数が増える場合もございます。

◇天文道の陰陽師講習会を受講前に伝統の陰陽師の確認指導をご希望される方:
-調整+準備ワーク+指導 5万円~7万円(別途消費税が追加されます。)

天文道の陰陽師ワーク師範講座:
受講条件:伝統の陰陽師ワーク師範・天文道の陰陽師ワーク講座

—-

雲上献命無私無身のワーク講座

受講条件:天文道の陰陽師終了

準備ワークならびに料金等: 個人差がありますので、お申込み毎にご提案させていただきます。

 

Comments

No Comments

Leave a reply

Name *

Mail *

Website